家族信託・民事信託を成年後見の延長で考えても問題ないでしょうか?

よく誤解される部分ですが、家族信託・民事信託を成年後見の延長で考える人が非常に多いです。

ここで、生命保険をイメージしてみてください。
皆さんが保険会社に相続対策として終身一時払い生命保険に加入するため1000万円の保険料を保険会社に支払いました。保険会社が運用できるのはあくまで契約で定めた保険料の1,000万円の金銭のみで契約者の他の財産や施設や医療機関との契約などはできません。

それと同様で、家族信託もあくまで契約の効力が及ぶのは信託契約で信託した(名義を預けた)信託財産の範囲に過ぎず、その他の財産や施設、医療機関との契約(成年後見制度でいう「身上監護」)についての代理権等を受託者は有していません。保険では現金しか取扱いがないところ、信託では、現金の他、不動産や自社株式、動産、債権など幅広い財産を信託することができます。
詳細はコチラ

最近の記事

過去の記事

ご相談・セミナー

無料相談案内 プレセミナー案内