認知症が発症していても家族信託・民事信託をできますか?

認知症が発症し、完全に本人の判断能力が無い状態であると、信託契約はできないと言わざるを得ません。
実際に、お客様にお会いしてどうにもらならず、有効な相続対策を行えなくなってしまった結果、多額の相続ががかかってしまったなど悲しい事案をいくつも見てきました。うちの両親は契約できるのか、できないのかそういった相談でもお気軽にお問い合わせください。悲しい事態に陥ってしまう前に事前に専門家との家族信託・民事信託の相談をすることをお勧めします。

家族信託・民事信託セミナー

プレセミナー案内

最近のブログ記事

  1. アパートローンを組んで建築した収益物件を家族信託するには?|抵当権付不動産の信託手続のポイント
  2. 家族信託でアパートローンの債務控除ができる!?|信託融資(信託内借入・信託外借入)の活用方法とは

過去の記事

サービス一覧

  1. 家族信託・民事信託
  2. 遺産整理
  3. 生前対策
  4. 相続手続
  5. 相続・生前対策調査