既に遺言や贈与等を行っていても家族信託・民事信託はできますか?

遺言や贈与を行っていても家族信託・民事信託を行うことができます。
しかしながら、家族信託・民事信託を行うことで、今まで作っていた遺言や贈与による相続対策の内容が変わってくるので、改めて財産管理・資産承継の全体像を確認するためにも、専門家に今まで行ってきた遺言・贈与などの内容を伝えてみてください。家族構成や財産状況、将来への想いの変化により、一度つくった仕組みを見直すことが必要な場合があります。それを踏まえて、既に行った遺言・贈与をそのまま活かし、家族信託・民事信託の仕組みを活用するのか、それとも既に行った遺言・贈与の内容も見直し、改めて全体的に仕組みを作り直したほうがいいのか考えていくことが必要です。

家族信託・民事信託セミナー

プレセミナー案内

最近のブログ記事

  1. アパートローンを組んで建築した収益物件を家族信託するには?|抵当権付不動産の信託手続のポイント
  2. 家族信託でアパートローンの債務控除ができる!?|信託融資(信託内借入・信託外借入)の活用方法とは

過去の記事

サービス一覧

  1. 家族信託・民事信託
  2. 遺産整理
  3. 生前対策
  4. 相続手続
  5. 相続・生前対策調査